診療案内 – 加藤山科病院

リハビリテーション(理学療法)のご案内

(1)リハビリテーション(理学療法)について

リハビリテーション、特に理学療法は、疾患や怪我後の回復をサポートする医療分野です。
患者の機能的能力を向上させ、日常生活の質を高めることを目指しています。

・運動療法
・マニュアルセラピー(手技療法)
・電気刺激療法
・水中療法

などが主なリハビリの方法です。

事故や手術後の患者が元の機能を取り戻す手助けをし、非薬物的アプローチで慢性的な痛みや急性の痛みを軽減します。
また、再発防止や新たな怪我のリスクを減らすためのトレーニングと教育を提供します。

日常生活の動作が改善され、より独立した生活が可能になります。

理学療法は、患者が日常生活に戻るための支援を提供するだけでなく、より健康的な生活を送るための教育も行います。
怪我や病気の後に、どのようにして最良の回復ができるかを理解することが、患者さんにとって非常に重要です。

(2)運動療法について

運動療法は理学療法の中でも特に重要な役割を果たす手法の一つで、様々な健康問題の治療や予防に効果的です。
このアプローチでは、特定の運動や体操が用いられ、身体機能の改善、痛みの軽減、全体的な健康の促進を目指します。

・筋力の向上
・柔軟性と運動範囲の向上
・持久力の強化
・バランスと調整の改善

などが主な目的です。

運動療法は、理学療法士によって個々の患者の状態に合わせて行われます。
患者の身体的能力や医療的ニーズに応じた運動プログラムが作成されます。

運動療法は、医療専門家による指導の下で行われることが多いですが、患者自身が日常生活に組み込むことも奨励されます。
正しい運動方法を学び、安全に実践することで、様々な健康効果を得ることができます。

(3)物理療法について

物理療法(物理療法や物理治療とも呼ばれます)は、熱、冷却、光、水、電気、音波などの物理的エネルギーを利用して行う治療方法です。
疼痛の軽減、炎症の抑制、血流の改善、筋肉のリラクゼーション、組織の修復を促進することを目的としています。

理学療法の一環として行われることが多く、多様な症状や状態の治療に有効です。

・熱療法(温熱療法)
・冷却療法(冷熱療法)
・電気療法
・超音波療法
・水療法(ハイドロセラピー)

などがあります。

特に冷却療法や熱療法は即座に痛みや炎症を軽減させる効果があります。
また薬物を使用しないため、副作用が少なく体への負担が軽いです。

さらに根本的な機能改善を促し、症状の再発を防ぎます。
スポーツ傷害、慢性的な疼痛、手術後のリハビリテーションなど、多様な状態に対応可能です。

物理療法は、特定の症状や患者の状態に応じて選ばれるべきで、専門的な評価と診断のもとで最適な治療法が選定されます。
理学療法士や専門の医師による指導のもとで安全に行うことが重要です。

(4)日常生活活動(ADL)訓練について

日常生活活動(ADL: Activities of Daily Living)訓練は、個人が日常生活を自立して過ごすために必要な基本的な活動の能力を向上させるためのリハビリテーションプログラムです。
この訓練は、高齢者、障害者、または手術後の患者など、自己管理能力の低下している人々を対象に行われます。

・個人的な衛生
・着脱
・食事
・トイレ使用
・移動

などがADL訓練の対象となる基本活動です。

ADL訓練は、患者の個々のニーズに応じて調整され、包括的なリハビリテーションプログラムの一部として提供されることが一般的です。
理学療法士や作業療法士が、患者の状態を評価し、最適な訓練プランを立てる際に重要な役割を果たします。

患者がより自立した生活を送るために欠かせない要素であり、彼らの尊厳を守り、社会的な参加を促進する手段となります。

(5)当院でリハビリテーション(理学療法)を希望される方へ

まず、医師による診断が必要です。症状や患部の状態を詳細に診察し、理学療法が適切かどうかを判断します。
多くの保険制度や医療システムでは、理学療法を受けるためには医師からの紹介状が必要です。この紹介状には、治療の必要性や目的が記載されています。

理学療法が保険の適用範囲内にあるかどうかを事前に確認することが大切です。保険によっては、自己負担額やセッション数に制限がある場合があります。
一部の保険では、治療開始前に事前認証が必要なことがあります。これは、保険会社が治療の必要性を評価するプロセスです。

地域内の認定された理学療法施設や病院を選びます。
施設によっては特定の治療や専門性を持つところもあるため、患者の状態に合った場所を選ぶことが重要です。

初めての訪問時に、理学療法士が詳細なアセスメントを行い、個々のニーズに合わせた治療計画を作成します。これには、治療の目標、頻度、期間が含まれます。