診療案内 – 加藤山科病院

メガネ・コンタクトレンズ処方を希望される方へ

コンタクトレンズは、直接目の中にいれるもの。
ですので作成するには必ず眼科医の診察と処方が必要となります。

診察を行うことで、1人1人異なる眼の状態に合わせたコンタクトレンズの処方が可能です。
処方箋発行前に数日分のお試し用レンズを渡してくださることもあるそうですよ。

視力検査や健康検査、フィッティングにフォローアップを行っておられるなら安心感がありますね。

メガネ処方の受付時間

メガネ処方を受ける際は、下記の時間に受け付けているそうです。

午前受付 9:00 ~11:00
午後受付 14:00 ~16:00

コンタクトレンズの処方の受付時間

コンタクトレンズの処方の場合は、下記の時間に受け付けているそうです。

午前受付 9:00 ~10:00
午後受付 13:30 ~15:30

※コンタクトレンズを初めて装用される人

午前受付 9:00 ~11:00
午後受付 13:30 ~16:00

※コンタクトレンズ装用の経験がある人

コンタクトレンズの装用が初めての人や、装用や装脱に自信がない人にも、丁寧に説明されておられます。

また、小学4年生以下のお子様にはコンタクトレンズの処方はできないそうです。

初めてコンタクトレンズ装用をされる方へ

初めてコンタクトレンズを装用される場合は、

・正しい装着と取り外しの方法を学ぶ
・衛生管理
・レンズのお手入れ
・装着時間の守り方
・目の健康状態をチェック
・レンズの交換スケジュールを守る

など基本的なガイドラインに従うことで、コンタクトレンズの使用がより安全で快適になります。
何か問題が発生した場合は、すぐに専門医の診察を受けることが最善です。

装用経験のある方、2回目以降、コンタクトレンズ処方を受けられる方

普段コンタクトを使用してい人の場合は、度数や種類など分かるものを持っていくのが良いでしょう。
検診や処方がスムーズになります。

定期検診について

眼科の定期検診は、視力の維持と目の健康を確保するために非常に重要です。
検診では、視力測定から疾患の早期発見まで、様々な検査が行われます。

定期検診の頻度は、年齢、既存の眼の状態、遺伝的要因、既往歴によって異なります。
通常は、特に目の問題がない成人でも、1-2年に1回の検診が推奨されます。

カラー・サークル コンタクトレンズについて

カラー・サークル コンタクトレンズとは、カラコンのことです。

病院によって処方できるカラコンは様々です。

遠近両用ソフトコンタクトレンズについて

遠近両用ソフトコンタクトレンズは、遠方と近距離の両方を見るための視力を補正するために設計されたコンタクトレンズです。
これは特に、老眼が始まった中高年の方々に人気があります。

老眼とは、年齢により目のレンズが硬くなり、近くの物を見るためのピント合わせ能力が低下する状態を指します。
遠近両用レンズは、この問題に対処するために、レンズ内に複数の焦点領域を持つように設計されています。

ハードコンタクトレンズについて

ハードコンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズに比べて硬く小さいのが特徴です。

ハードコンタクトレンズは、レンズの圧迫で角膜が押された状態になります。
ですので、作りたい場合は1週間~10日ほどレンズを付けていない状態をつくる必要があります。

コンタクトレンズとドライアイ

コンタクトレンズの使用とドライアイについて紹介します。
コンタクトレンズは目の表面の自然な涙の蒸発を増加させることがあり、それがドライアイの症状を悪化させる可能性があります。

ドライアイは、涙の量が不足しているか涙の質が悪いために発生します。
・目の乾燥感や異物感
・眼の痛みや痒み
・赤み
・視覚のぼやけ
・眼の疲れ

ドライアイの人は、特に高い酸素透過性を持つシリコーンハイドロゲルレンズの使用をするのが良いと言われています。
長時間のレンズ装着を避けることも大事です。

取り扱いコンタクトレンズの種類

シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズを、たくさん取り扱われておられます。

1Dayや2Week、ソフトレンズやハードレンズに乱視用や遠近両用などの様々な種類も取り扱っておられました。